読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅先に居ります→日本に居ります

海外旅行中、心配して下さる方々への生存確認日記です

集集線 車埕駅(車埕火車站)

火車站とは駅のことです。筆談の際はこれを書きましょう。
 
二水駅から50分、そんなに乗っていた気はしないのですが、ラッピングカーが車てい駅に着きました。
f:id:taoisme:20160905222640j:image
 
田舎ののんびりした駅に大量の観光客が押し寄せていて、ホームから人が落ちそうです。乗る人降りる人が入り乱れています。しかし降りる人はみんな自ら線路の上に降りていきます。階段もあるのですが、田舎の開放感のなせる技か、ホームからよっこらせと降りて、線路を横切って駅舎へ向かいます。改札もあってないようなもんです。切符は正しく買いましょう。笑
 f:id:taoisme:20160905223137j:image
 
車てい駅は集集線の終点です。元々は日月潭造営のための人夫たちの村だったようで、資材などの輸送に集集線が使われていました。
日月潭の建設が終わると、今度は木材の積み出し地として栄えます。が、木材の需要も減ってきて、今は新たに歴史と環境を活かした観光地として頑張っているようです。
 
以上のような内容の説明書きが、駅の近くの展示場(入場無料)にあります。木材加工の道具や、木材の組み合わせ方の説明などが展示されてあって非常に面白いです。子供用の小さな電車があったり、食堂があり、お土産屋さんも数多くあり、台湾茶道の茶池を買いそうになりました。現金の持ち合わせが無く諦めました。
私はここには宿泊しませんでしたが、宿もあるようです。